銀行カードローンは専業主婦の味方です

お金が必要になっても借りる相手がいないときに頼れるのがカードローンで、銀行や消費者金融などで申し込み利用されています。どちらも融資する条件があり、それに沿っていなければ審査に通ることはできません。
ほとんどの消費者金融の融資する条件には、20歳以上で安定した収入がある人となっており、アルバイトやパートなどで安定した収入があれば、学生や主婦でも借入れすることができます。また、総量規制で収入の3分の1までしかお金を貸すことができないことになっていますので、それを超える金額を借りることや、収入の無い専業主婦は借金をすることはできません。
専業主婦が借金をしたいときは、総量規制対象外の銀行になり、銀行カードローンは専業の主婦のカードローンと言われています。申し込みの際は、運転免許証や保険証などの本人確認書類が必要になりますが、収入証明書は高額の借入れ金額のとき以外は不要となっています。配偶者に安定した収入があれば借金することはできますが、銀行カードローンを利用するほとんどの女性は、夫に内緒でと思っていますので、家計の遣り繰りで返済できる金額程度になりますので、いずれにしても収入証明書は不要となるでしょう。
借金は返済日までに利息をつけて返済しなければなりませんので、家計の遣り繰りで返済できる範囲内で貸してもらい、きっちり返済していけば、夫など家族にバレル心配はないでしょう。お金に余裕のあるときはすぐに返済すれば、利息も少なくなりその分返済が楽になります。