専業主婦でも借りられる消費者金融や銀行のローン

以前の金融機関では安定収入のない専業主婦は、カードローンの審査が通らないのが当たり前でした。しかし、近年では主婦でも金融機関の審査に通ることが多くなっています。消費者金融においては、各支店の窓口や無人自動契約機で申し込むと最短で30分、一般的には1時間程度でカードローンの利用が可能となる可能性があります。そのため、急にお金が必要となった時でも、即日で借り入れをすることができるようになっています。しかし、専業主婦の場合には借り入れ金利が、非常に高くなる傾向があります。消費者金融によっては、金利が18%となる場合が出てきます。そのため、主婦が借り入れをする際には、返済時の支払い利息負担が重くなる点に注意が必要となります。また、借り入れ限度額においても、非常に低く抑えられることが多いです。そのため、冠婚葬祭などの一時的に必要なお金を借りるぐらいの用途しか使えない面が出てきます。しかし、専業主婦であっても夫が給与振込などで利用している銀行で借り入れをすると、好条件が得られるケースが出てきます。銀行では夫の信用力を考慮してくれる可能性があるからです。そのため、夫が使っている金融機関を選ぶことによって、支払い利息を少なくすることができるようになってきます。また、借り入れ限度額も30万円程度までに設定される可能性が出てきます。その結果として、ローンの借り入れ金を様々な局面で使えるようになるメリットが生まれてきます。