専業主婦が夫に内緒でカードローンを利用できるのか

2010年の貸金業法の施行により専業主婦の借り入れが難しくなりました。
これまでは年収に関わらず各社の基準を満たすことで審査に通過できていたのが、総量規制によって年収の3分の1以下の借り入れしかできなくなってしまったのです。パートなり何かしら個人で収入を得ている主婦なら兎も角、個人の収入がない専業主婦は申し込みすら出来ない状態です。
しかし、そんな専業および兼業主婦のために配偶者貸付が同時に設けられました。
配偶者貸付は、夫の年収と自分の年収を合算して借入れに申し込める制度です。もちろん専業主婦でも利用できますが、ただ、夫の同意を得て、夫の収入証明書などが必要になるので内緒で借入れを希望する人には向きません。
そこで総量規制の制限を受けない銀行カードローンが勧められています。年収に関わらず各銀行の基準を満たすことで審査に通過することができるため、夫に内緒で申し込むことも可能です。
ただ、満20歳以上の安定した収入がある方という申し込み条件があります。ということは、やはり個人的に収入がないと厳しいということになってしまうでしょう。
もしも融資を受けたいのなら、パートで構わないので収入を得るところから始めてみるしかありません。収入の基準も各カードローンで変わるので一概ではなく、それよりも継続的に安定して稼いでいることが大切です。
それが不可能なら、夫に相談して配偶者貸付を利用するしか手はありません。