専業主婦でも内緒で借り入れができます

専業主婦や主夫の場合利用者本人に定期的な収入がないため消費者金融が提供する金融サービスは利用できない場合が多いですが、銀行が提供するカードローンの場合だと専業主婦や専業の主夫でも借り入れができる場合があります。その場合には条件があり、配偶者に安定した収入がある事が最低の条件になります。申請したら銀行の審査が行われますが、その際には申請者だけでなく配偶者の信用情報が審査されます。利用者本人はもちろんですが、配偶者の信用情報も審査されます。万が一本人や配偶者に遅延や延滞の情報がある場合には融資が見送られる場合があります。遅延や延滞などの信用情報がない場合でも、クレジットカードなどの連続申し込みの情報があるでも、お金に困っていると判断して融資が見送られる場合がほとんどです。
主婦の中には、配偶者である夫にカードローンを契約してお金を借入している事実を内緒にしていたい人もいます。その様な場合には、郵送物をできるだけ減らして、メールで送付してもらえる場合があります。どうしても郵送物が必要になる場合には金融機関の名前が入っていない茶封筒に入れて送付してもらえる場合があります。
配偶者が借りる場合でも、支払い方法や金利手数料は通常の場合と同じになります。万が一支払いが遅れた場合には、利用可能額が減らされるだけでなく、最悪の場合強制解約になる可能性もあるので、金融機関との支払いに関する約束は必ず守る必要があります。